松山ケンイチ&北川景子、亡き森田芳光監督との約束実現に感慨! | Push on! Mycar-life

松山ケンイチ&北川景子、亡き森田芳光監督との約束実現に感慨!

エンタメ エンタメ

北川景子、松山ケンイチ/『の・ようなもの のようなもの』東京国際映画祭舞台挨拶
  • 北川景子、松山ケンイチ/『の・ようなもの のようなもの』東京国際映画祭舞台挨拶
  • 松山ケンイチ/『の・ようなもの のようなもの』東京国際映画祭舞台挨拶
  • 北川景子/『の・ようなもの のようなもの』東京国際映画祭舞台挨拶
  • 北川景子、松山ケンイチ/『の・ようなもの のようなもの』東京国際映画祭舞台挨拶
  • 伊藤克信、北川景子、伊藤克信、松山ケンイチ、杉山泰一監督/『の・ようなもの のようなもの』東京国際映画祭舞台挨拶
  • /『の・ようなもの のようなもの』東京国際映画祭舞台挨拶
  • /『の・ようなもの のようなもの』東京国際映画祭舞台挨拶
  • /『の・ようなもの のようなもの』東京国際映画祭舞台挨拶
4年前に急逝した森田芳光監督のデビュー作『の・ようなもの』の続編として監督ゆかりのスタッフ、キャストで製作した『の・ようなもの のようなもの』が10月29日(木)に東京国際映画祭でお披露目。松山ケンイチ、北川景子、伊藤克信、杉山泰一監督が舞台挨拶に登壇した。

『の・ようなもの」から35年の時を経て製作された本作。生真面目でサエない落語家の志ん田(しんでん)が落語を捨てて気ままに生きる兄弟子の志ん魚(しんとと)との出会いをきっかけに、自分らしくを生きる術を知っていくさまを描く。

松山さんが演じた志ん田は、森田監督の遺作『僕達急行 A列車で行こう』で松山さんが演じた役を作品の枠を超えてベースにしている。松山さんは「台本では“志ん田”としか書いてないんですが、衣裳合わせに行ったら、どこかで見た衣裳があって…(笑)。でも、現場に入ったら、(過去の森田作品の)いろんな役を引きずっている人ばかりで『こういうことか!』とこれもひとつのオマージュ、ラブレターかと感動しました」と語る。

北川さんが演じたのは役も名前も全くそのまま、北川さんにとっては記念すべき映画初出演作となった『間宮兄弟』で演じた夕美! 「台本を読んで“夕美”とあって『そういうことなんだ!』と森田組のシャレなんだと思ってフィッティング(衣裳合わせ)に行ったら、10年前と同じ衣裳がありました」と嬉しそうに振り返る。

伊藤さんは35年前の『の・ようなもの』で演じた志ん魚の35年後をそのまま演じているが「35年経っての続編というのが普通はあり得ないしビックリしました。尾藤イサオ、でんでんなど、全員が生きていたからこそ! 一人でも亡くなってたらなかったと思うので、長生きに感謝です」と語った。

杉山監督は35年前からずっと森田作品の助監督を務めてきたが、最初に今回の話を聞いた時「尻込みしました」と明かす。それでも「森田監督ならこんな時に何て言うか? 黒澤明監督のリメイク(『椿三十郎』)をやるくらいだから、自分の作品の続編くらい『やっちゃえ!』と言うだろうと、居直って撮ってみようと決意しました」と明かした。

志ん田が北川さん演じる師匠の娘・夕美に背中を叩かれつつ…という恋模様のようなもの(?)が展開するが、松山さんは「『サウスバウンド』で監督と景子ちゃんと3人で舞台挨拶した時、次は『(松山さんと北川さんの)2人でラブストーリーを撮りたい』と言ってて、それがこういう形で実現したのかな?」としみじみ。北川さんも感慨深げにうなずいていた。

『の・ようなもの のようなもの』は1月16日(土)より公開。
《text:cinemacafe.net》

特集

page top