橋本愛、恐怖体験を聞かれて「特に…」 実際にはガスつけっぱなし事件! | Push on! Mycar-life

橋本愛、恐怖体験を聞かれて「特に…」 実際にはガスつけっぱなし事件!

エンタメ エンタメ

橋本愛/『残穢【ざんえ】-住んではいけない部屋-』舞台挨拶
  • 橋本愛/『残穢【ざんえ】-住んではいけない部屋-』舞台挨拶
  • 竹内結子/『残穢【ざんえ】-住んではいけない部屋-』舞台挨拶
  • 橋本愛、竹内結子、中村義洋監督/『残穢【ざんえ】-住んではいけない部屋-』舞台挨拶
  • 橋本愛、竹内結子/『残穢【ざんえ】-住んではいけない部屋-』舞台挨拶
  • 橋本愛、竹内結子、中村義洋監督/『残穢【ざんえ】-住んではいけない部屋-』舞台挨拶
第28回東京国際映画祭のコンペティション部門に選出された『残穢【ざんえ】-住んではいけない部屋-』が10月25日(日)、東京・TOHOシネマズ六本木ヒルズで公式上映され、主演を務める竹内結子と橋本愛、メガホンをとる中村義洋監督が舞台挨拶に立った。

竹内さん演じる小説家である「私」と、橋本さんふんする女子大生の「久保さん」が、久保さんの暮らす部屋で聞こえる奇妙な“音”の真相を探り、恐るべき事件に巻き込まれるホラー映画。「第26回山本周五郎賞」を受賞した小野不由美の原作小説は、「そばに置いておくだけで怖い」と評される作品で、自称怖がりの竹内さんは「皆さん、準備はいいでしょうか? 途中で試写をギブアップした私が言うのもなんですが…」と観客に注意を呼びかけた。

一方、司会者から「怖い映画に出演して、実生活に支障が出るような恐怖体験はありましたか?」と質問された橋本さんは、「特に…」とクールに返答。と思いきや「家に帰ったら、ガスがつけっぱなしだったことがあります。きっと、消し忘れたんだと思いますけど」となかなかの重大事件を明かし、客席をどよめかせた。

ミステリー映画の名手として高い人気を誇り、ホラー映画のメガホンは約10年ぶりとなる中村監督は「今回、まず性格が暗いスタッフを集めることから始めた」と笑いを誘い、「一番こだわったのは、やっぱり“音”ですね。今日は(TOHOシネマズ六本木ヒルズで最も大きな)スクリーン7での上映なので、相当“来る”と思います。映画が終わる頃、皆さんの笑顔が消えているのが楽しみ」と不敵な笑みを浮かべた。

第28回東京国際映画祭は10月31日(土)まで、メイン会場となる六本木ヒルズをはじめ、TOHOシネマズ新宿などで開催。『残穢【ざんえ】-住んではいけない部屋-』は、2016年1月30日(土)より全国にて公開される。
《text:cinemacafe.net》

特集

page top