【レクサス RX 新型】勝田チーフエンジニア「最初の印象が全然違うものができた」 | Push on! Mycar-life

【レクサス RX 新型】勝田チーフエンジニア「最初の印象が全然違うものができた」

自動車 ニュース

レクサス RX450h version L
  • レクサス RX450h version L
  • レクサス RX AMAZING NIGHT
  • レクサス RX AMAZING NIGHT
  • レクサス RX AMAZING NIGHT
  • レクサス RX AMAZING NIGHT
  • 高強度キャビン
  • レクサス RX450h version L
  • レクサス RX450h version L
トヨタ自動車が10月22日に全面改良して発売したレクサス『RX』のチーフエンジニアを務める勝田隆之氏は「転がした時に最初の印象が全然違うものができた」と振り返る。

勝田氏は今回の全面改良のポイントとして「プラットフォームに大きく手を入れている。エンジンマントを変えている。これはあまりやらない」と指摘する。

というのも「タイヤをひと回り大きくして、ホイールベースを50mm伸ばして、エンジンマウントを変えると、車の動きが違ってくる」からだ。

その上で勝田氏は「新しいエンジンのパワー感と安心して走れる部分を味わってほしい。また空間としてのインテリアは幅を大きくしてはいないが、乗った時に広く感じてもらえるように色々と工夫、例えばインパネを薄くしたり、Aピラーの部分の死角を減らして見えやすくしたりとか、使い勝手の部分も入れている」と話していた。
《小松哲也》

特集

page top