【フェラーリ 488 スパイダー】デザイン的にも必要性もつ、リトラクタブルハードトップ | Push on! Mycar-life

【フェラーリ 488 スパイダー】デザイン的にも必要性もつ、リトラクタブルハードトップ

自動車 ニュース

フェラーリ 488 スパイダー
  • フェラーリ 488 スパイダー
  • フェラーリ 488 スパイダー
  • フェラーリ 488 スパイダー
  • フェラーリ 488 スパイダー
  • フェラーリ 488 スパイダー
  • フェラーリ 488 スパイダー
  • フェラーリ 488 スパイダー
  • フェラーリ 488 スパイダー
フェラーリ『488スパイダー』は、先代の『458スパイダー』に引き続き、リトラクタブルハードトップ(RHT)が採用された。

488スパイダーの車両開発の中心となったRHTについて、「この分野における新たな技術的ベンチマークとなるように設計されている」と開発の意気込みを述べるのは、フェラーリ極東エリア統括マネージング・ディレクターのディーター・クネヒテル氏だ。

「極めてシンプルなメカニズムと、アルミニウム素材の採用によって、徹底的な計量化が図られた」という。その結果、458スパイダーと比較し約25kg軽量化に成功。さらに、開閉のスピードにおいても、14秒と、「記録的に短い間で開閉する」と述べる。また、開閉の際は、ルーフ部分と収納部分の2つのセクションが同時に回転しているかのように稼働する。なお、この開閉は45km/h以下であれば、走行中でも可能である。

収納スペースにおいても、「従来のハードトップの収納には、150から200リットルの容量が必要であったのに対し、488スパイダーは、わずか100リットルのスペースに収まるように設計されている」とクネヒテル氏。

また、クネヒテル氏は、「エアロダイナミックスおよび、ルーフ周りのスタイリングのためには、この洗練されたソリューションは絶対に必要不可欠であった」とコメントした。
《内田俊一》

特集

page top