【フェラーリ 488 スパイダー】新型ハードトップは「新たな技術的ベンチマークとなるよう設計」 | Push on! Mycar-life

【フェラーリ 488 スパイダー】新型ハードトップは「新たな技術的ベンチマークとなるよう設計」

自動車 ニュース

フェラーリ 488 スパイダー ジャパンプレミア
  • フェラーリ 488 スパイダー ジャパンプレミア
  • フェラーリ 488 スパイダー ジャパンプレミア
  • フェラーリ 488 スパイダー ジャパンプレミア
  • フェラーリ 488 スパイダー ジャパンプレミア
  • フェラーリ 488 スパイダー ジャパンプレミア
  • フェラーリ 488 スパイダー ジャパンプレミア
  • フェラーリ 488 スパイダー ジャパンプレミア
  • フェラーリ 極東エリア統括 ディーター・クネヒテル マネージングディレクター
フェラーリ・ジャパンは10月23日、横浜市内で新型車『488 スパイダー』を日本初公開した。最高出力670馬力のV型8気筒3.9リットルターボエンジンや14秒で開閉可能な新型リトラクタブルハードトップ(RHT)を採用しているのが特徴。

フェラーリで極東エリアを統括するディーター・クネヒテル氏は発表会で新型のRHTについて「この分野における新たな技術的ベンチマークとなるように設計された。エアロダイナミクスおよびリア全体のスタイリングのために、このソリューションは絶対的に不可欠」と述べた。

その中身は「極めてシンプルなメカニズムおよびアルミニウム素材の採用で徹底的に軽量化が図られ、その結果、従来のハードトップに比べて約40kg、またソフトトップと比較しても25kgも軽くなっている。しかも14秒という記録的に短い時間で開閉する。また時速45km以下の速度であれば走行中でも開閉が可能。従来、RHTの収納には150~200リットルの容量が必要だったが新型RHTはわずか100リットルのスペースで納まる」という。
《小松哲也》

特集

page top