“もっと広げようカーオーディオの輪!!” 『第16回 中四国オートサウンドフェス in しまなみ』リポート! #2 | Push on! Mycar-life

“もっと広げようカーオーディオの輪!!” 『第16回 中四国オートサウンドフェス in しまなみ』リポート! #2

カーオーディオ 特集記事



TOYOTA・カローラフィールダー
(オーナー:松田善樹さん)
by M.E.I.








  • gallery picture #2

  • gallery picture #3

  • gallery picture #4

  • gallery picture #5

  • gallery picture #6






カーオーディオ歴20年という松田さん。現状のシステムは去年の9月に完成したとのこと。ツヤと厚みを得るためにダイヤトーン・DS-SA3に変更したという。S/Nの高い、大音良で聴いていても疲れない音を目指している。スピーカー以外のシステムは、ヘッドがビーウィズ・MM-1D、プロセッサーはヘリックスのDSP-PRO、パワーアンプにはアークオーディオの4chモデルを2台使用している。その音はまず、低域が好印象だった。太く、それでいて良く締まっていてドライブ感が満点。その上で中高域の厚みがあり、聴き応えが十分。各楽器の輪郭もシャープで分離もしっかりしていた。






BMW・X5
(オーナー:加藤孝信さん)
by サウンドステーション ジパング








  • gallery picture #2

  • gallery picture #3

  • gallery picture #4

  • gallery picture #5

  • gallery picture #6

  • gallery picture #7

  • gallery picture #8






もともとホームオーディオが好きだったという加藤さん。しかし、大きな音で聴けないことを不満に思い、そしてドライブも好きだったこともあり、ならばクルマでと、カーオーディオに凝り出したとのことだ(今から約11年前のエピソード)。このクルマのシステムは、8年をかけてコツコツとステップアップ。ヘッド & プロセッサーにカロッツェリアXを使い、パワーアンプにはシンフォニ/クアトロリゴを採用。フロントスピーカーはモレルの上級モデルで3ウェイを構成し、サブウーファーはカロッツェリアだ。その音はとにかく濃密で濃厚。そしてどこまでもリアル。ハイレベルなサウンドが堪能できた。






TOYOTA・bB
(オーナー:ABCさん)
by car audio factory K-sound








  • gallery picture #2

  • gallery picture #3

  • gallery picture #4

  • gallery picture #5






8年がかりでシステムを進化させてきたというABCさん。ユニットやケーブルを変更することで音の変化を味わえることも、カーオーディオの楽しみ、とのこと。システム構成は、ヘッドがカロッツェリア・DEH-P01、パワーアンプにはアークオーディオを使用。スピーカーはソニックデザインの2ウェイ+カロッツェリアのスーパーツイーター。さらにソリューションラボのアシストウーファーも導入している。ダークで深みのあるサウンドが好み、とのことだ。実際に聴いてみると、確かに全体から深みが感じられた。中域が厚く、高域も繊細で伸びやか。耳当たりの心地良さも際立っていた。






TOYOTA・ハイエース
(オーナー:森 一晃さん)
by サウンドステーション アミューズ








  • gallery picture #2

  • gallery picture #3

  • gallery picture #4

  • gallery picture #5

  • gallery picture #6






現場への移動時間に、大音量で音楽を楽しんでいるという森さん。仕事車であるために、インストールはフロント周辺で完結。サブウーファーもセンターコンソールにセットしている。ダンスミュージックを中心に聴いているとのことだ。システムは、ヘッドがダイヤトーン・サウンドナビ。パワーアンプにはビーウィズ・R107Sを4台使用し、フロントスピーカーはダイヤトーン・DS-G500、サブウーファーは同・SW-G50。これらから放たれるサウンドは、まずはドライブ感のある低域が印象的だった。それを土台として中・高域がしっかりと積み上がり、生き生きと音楽を表現していた。






TOYOTA・クラウンマジェスタ
(オーナー:三宅浩文さん)
by サウンドステージ








  • gallery picture #2

  • gallery picture #3

  • gallery picture #4

  • gallery picture #5

  • gallery picture #6

  • gallery picture #7






知り合いの影響でカーオーディオに興味を持ったという三宅さん。2年前から組み始め、現状のシステムが完成したのは今年の1月。女性ボーカルをキレイに再現することと、リラックスできる音造りを目標にしているとのことだ。ユニット構成は、ヘッドがダイヤトーン・サウンドナビ、アンプには、フロントスピーカー用にビーウィズのリファレンス Ltd を、サブウーファー用にカロッツェリアのPRS-D700を採用している。スピーカー群はすべてビーウィズで統一。そのサウンドは、全体的に充実感があり深みもある。各楽器の音がしっかりと分離し、粒立ちの良さも際立っていた。


《太田祥三》

関連ニュース

特集

page top